VR

A.送信機の接続

ケーブルを見つけるには、次の手順に従います。

1)送信機をお探しのケーブルに接続します。ケーブルが灌漑コントローラーに接続されている場合は、ケーブルを通常の電源から外し、REDアリゲータークリップを

ケーブルへの送信機。

2)ブラックアリゲーターの接続にはいくつかのオプションがあります。

2.1)地面に押し込まれたドライバーの刃に  (できれば濡れた地面)、短いケーブルで接続する必要がある場合があります。

2.2)アース線に。

2.3)何もしないで、黒いワニ口クリップを宙に浮かせてください。

3)送信機スイッチを「ケーブルスキャン」の位置に動かします。


B.埋設された灌漑または庭の照明ケーブルの追跡

上記の「B」のように送信機をケーブルとアースまたはコモンに接続したら、送信機スイッチが「ケーブルスキャン」の位置にあることを確認し、「サムホイール」スイッチを高音に切り替えます。

ケーブルのおおよそのルートを見つけ、送信機から少なくとも3メートル離れたところから始まるケーブルパスに対して直角に振り子タイプのアクションで受信機アンテナ(8)を振ります。

受信機のアンテナが地下ケーブルを通り過ぎると、ケーブルパスの両側でトーンが聞こえます。埋設されたワイヤの真上にいると、トーンが徐々に増加し、最も大きな音が聞こえます。

送信機と受信機のコントロールを調整して、ワイヤーの深さに応じてさらに距離を移動できます。イヤホンを使用して検出を支援することもできます。


C.ケーブル断線の検出

ケーブルの断線は、受信機のアンテナでの信号の損失によって検出されます


D.アラーム、サウンドの特定& コンピューターワイヤー

他のワイヤを見つけるには、問題のワイヤを外し、一方の送信機のリード線だけを対象のワイヤに直接接続して、もう一方のリード線を吊るすのが最善です。ポイント「C」で概説されているようにパスをトレースします(& 埋設された灌漑ワイヤーの追跡)。


E.深さの測定

パスが決まったら、パスに沿ったヌルポイントで地面に印を付けます。

受信機のアンテナを地面に対して45度の角度で保持し、別のヌルが見つかるまでワイヤの経路から直角に移動します。この点をマークします。 2つのマーク間の距離は、ワイヤのおおよその深さです。 

F.ピンポインティングドリルサイト

(図01)の説明に従って送信機をセットアップします。

ドリルサイトの近くにある信号の経路を見つけてマークします。ドリルサイトの近くに他の設備が存在すると信じる理由がある場合は、セクション「C」(場所の特定)に概説されている手順を使用してください。&埋設された灌漑ワイヤーの追跡)。

送信機によって生成された信号は、壁の砂の天井を通して検出でき、送信機の位置(特定のポイント)を特定し、送信機の周りにワニ口クリップのリード線を巻き付け、リード線を一緒に短絡し、送信機をオンにして反対側に固定しますテープで壁や天井の。アンテナを壁に対して平らにした状態で壁をスキャンします。アンテナが送信機の位置を直接通過すると、PEAK信号が聞こえます(図02)。


G.外部イヤホン

3.5mmイヤホンをレシーバーイヤホンジャックに接続することで、騒がしい環境での効率を向上させることができます。(図03)

H.白色LED懐中電灯

ユーザーは、「PushFor Light」ボタンを押すことにより、LED懐中電灯をアクティブにすることができます(図04)。



適切な動作を維持するために必要な唯一のフィールドサービスは、送信機と受信機の電池を定期的に交換することです。



基本情報
  • 年設立
    --
  • 事業の種類
    --
  • 国/地域
    --
  • メイン産業
    --
  • 主な製品
    --
  • エンタープライズリーガル人
    --
  • 総従業員
    --
  • 年間出力値
    --
  • 輸出市場
    --
  • 協力したお客様
    --
お問い合わせ
比類のない知識と経験を活用して、最高のカスタマイズ サービスを提供します。
グローバルな出会いと定義
私たちが最初に行うことは、クライアントと会い、将来のプロジェクトの目標について話し合うことです。
この会議では、自由にアイデアを伝えたり、多くの質問をしたりしてください。
おすすめされた
それらはすべて、最も厳しい国際基準に従って製造されています。当社の製品は、国内外の市場から支持を受けています。
彼らは現在、200カ国に広く輸出しています。

お問い合わせを送ってください

別の言語を選択してください
English English Magyar Magyar Ελληνικά Ελληνικά 한국어 한국어 Türkçe Türkçe русский русский italiano italiano Español Español Português Português Polski Polski français français Deutsch Deutsch 日本語 日本語 Nederlands Nederlands Tiếng Việt Tiếng Việt ภาษาไทย ภาษาไทย Latin Latin العربية العربية 简体中文 简体中文 繁體中文 繁體中文 Afrikaans Afrikaans አማርኛ አማርኛ Azərbaycan Azərbaycan Беларуская Беларуская български български বাংলা বাংলা Bosanski Bosanski Català Català Sugbuanon Sugbuanon Corsu Corsu čeština čeština Cymraeg Cymraeg dansk dansk Esperanto Esperanto Eesti Eesti Euskara Euskara فارسی فارسی Suomi Suomi Frysk Frysk Gaeilgenah Gaeilgenah Gàidhlig Gàidhlig Galego Galego ગુજરાતી ગુજરાતી Hausa Hausa Ōlelo Hawaiʻi Ōlelo Hawaiʻi हिन्दी हिन्दी Hmong Hmong Hrvatski Hrvatski Kreyòl ayisyen Kreyòl ayisyen հայերեն հայերեն bahasa Indonesia bahasa Indonesia Igbo Igbo Íslenska Íslenska עִברִית עִברִית Basa Jawa Basa Jawa ქართველი ქართველი Қазақ Тілі Қазақ Тілі ខ្មែរ ខ្មែរ ಕನ್ನಡ ಕನ್ನಡ Kurdî (Kurmancî) Kurdî (Kurmancî) Кыргызча Кыргызча Lëtzebuergesch Lëtzebuergesch ລາວ ລາວ lietuvių lietuvių latviešu valoda‎ latviešu valoda‎ Malagasy Malagasy Maori Maori Македонски Македонски മലയാളം മലയാളം Монгол Монгол मराठी मराठी Bahasa Melayu Bahasa Melayu Maltese Maltese ဗမာ ဗမာ नेपाली नेपाली norsk norsk Chicheŵa Chicheŵa ਪੰਜਾਬੀ ਪੰਜਾਬੀ پښتو پښتو Română Română سنڌي سنڌي සිංහල සිංහල Slovenčina Slovenčina Slovenščina Slovenščina Faasamoa Faasamoa Shona Shona Af Soomaali Af Soomaali Shqip Shqip Српски Српски Sesotho Sesotho Sundanese Sundanese svenska svenska Kiswahili Kiswahili தமிழ் தமிழ் తెలుగు తెలుగు Точики Точики Pilipino Pilipino Українська Українська اردو اردو O'zbek O'zbek Xhosa Xhosa יידיש יידיש èdè Yorùbá èdè Yorùbá Zulu Zulu
現在の言語:日本語
お問い合わせを送信